びようし's 日記

美容師の日記だよ!コメントお待ちしてます。

raw現像について、色々調べたことを少し整理してみる。

【Raw現像】

rawファイルを現像して写真にすること。

 

【Rawファイル】

光の情報を生で記録してあるファイルのこと。

専用ソフトが無いと見る事ができない。

拡張子がメーカーで異なる。

Canon→CR2.CRW

Nikon→NEF               etc

3色の色のデータがそのままなので、容量が大きい。

ホワイトバランス、明るさが変えられる。

 

Jpeg(じぇいぺぐ)】

カメラで加工された状態のファイル。

すぐに見たり、プリントしたりできる。

加工された状態なので、更に加工すると劣化する。

余計な部分がないので、容量が小さい。

 

【WB(ほわいとばらんす)】

赤っぽくとか、青っぽくとかすること。

赤より→日陰

基本→太陽光

青より→白熱電灯

Raw現像だと、劣化なしで変えられる。

 

【専用ソフト】

Canon→Digital Photo Professional

Nikon→Capture NX-D

AdobePhotoshop Lightroom CC

                                                        etc

 

簡単に言うと、Rawファイルで撮っておいたものを、Photoshopなどの専用ソフトで、ホワイトバランスや、ちょっとした修正して、完成したら、Jpegに圧縮して、完成!

みたいな流れですね。

後は、それをホットペッパーなどに載せると。。

 

ホットペッパービューティーアワードの賞に選ばれていた写真をみても、引き伸ばされて印刷されている為、iPhoneで撮ったのか、一眼レフで撮ったのかは、一目瞭然でした。

 

スマホの画面で見るぐらいだと、正直違いはわからないです。

 

スタイルを良く見せる撮り方の真髄は果たしてどこにあるのか。。。

教えてもらいたいです。

 

bye.by.pain